Loading...

私たちは数年前から「目指せ!神戸No.1!」をスローガンに組織の規模の拡大にも取り組んできました。その目的は、神戸でNo.1の技術力と組織力で「おもしろい、やってみたい」の精神を発揮できる大型案件を獲得していくためです。私たちにとって規模の拡大は、あくまでより難しい仕事に取り組むための手段であり、規模の拡大自体が目的ではありません。ここまで神戸No.1の組織力を目指してきたJCEですが、いよいよ社員100名の陣容が見えるところまでやってきました。中小企業から、中堅企業へと確実に変化の時を迎えています。他社の経営理念ではよく「お客様のことを第一に考える」という言葉を見かけますが、JCEの社員たちにとってその言葉は腑に落ちないと思います。なぜなら私たちはまず技術者として自身の技術を高めることを何よりも優先し、その技術をもって顧客に最大限の貢献をしたいと考えているからです。私たち技術で生きる者にとっては、「エンジニアとして自分自身のスキルを高めること」が第一なのです。たとえば電力系統制御システムなど大規模な制御システムなどでは、何百人という規模で一つのシステムを作る場合もあります。顧客や同業他社と協働することも多い当社のエンジニアには、高度なプログラミング技術が求められることはもちろん、コミュニケーション能力や、他者と連携する力も求められます。求めれるスキルが高く、かつ多岐に渡るがゆえに、中途半端な技術で驕ることなく、いくつになっても自分自身のスキルや人間性を磨いていかなければなりません。中堅企業として、これまで以上に難易度の高い大型案件を担っていくJCEですが、どうか自分でも大丈夫だろうか?と不安にならないでください。これまでの先輩社員たちがそうであったように、「素直」「勉強好き」「前向き」この三点を備えた人であれば、JCEの一員として「おもしろい、やってみたい」いう理念を共有できるはずです。会社と共に成長できる皆さんとの出会いを楽しみにしています。

ページトップへ