Loading...

学生時代は数学、数理解析専攻だったこともあり、 ひとつの構造を深堀することが得意。
そんな山野にとってJCEとの出会い、 そして現在はどのように映っているのか。

山野祥英

Yoshihide Yamano

2017年4月入社
京都大学大学院 理学研究科

1

JCEを知った時の印象は?

技術を身につけ、磨くことの楽しさを強調している会社だと感じました。現場で技術を磨くような仕事に就きたいと漠然と考えていたので、ひと目見てエントリーすることを決めました。

2

一次面接に挑む時の気持ちやエピソードは?

なんと一次面接から社長と一対一での面接でした。事前に知らされていましたが、やはり緊張しました。面接の際、汗かきの私に配慮して楽な格好にさせて頂き、冷たいお茶を出して下さったことが強く印象に残っています。そのおかげで少し緊張が和らぎ、自分自身の考えをしっかりと伝えることができました。

3

二次面接に挑む時の気持ちやエピソードは?

社長と先輩社員と私の三人で、食事をしながらの面接でした。私からの質問を中心に、会社のことやプライベートの過ごし方など様々な話をすることができました。楽しい雰囲気につられてついつい食べ過ぎてしまったことも、今ではいい思い出です。

4

入社前研修(月一で半年)の様子や、考えたことは?

C言語を用いてプログラミングの基礎を学びました。プログラミング初心者だったため、やはり最初は不安がありました。しかし分からない点は気兼ねなく内定者同士で相談でき、講師の先輩社員もわかりやすく教えて下さったため、不安よりも面白さを感じることができました。

5

入社後の技術研修(何をどう学んだ?)

入社後の2ヶ月間は、入社前研修に引き続きC言語プログラミングを学習しました。入社前の研修と異なる点は、プログラムを作ればそれで終わりではないという点です。作成したコードを先輩や同期の方々に説明して意見を貰い、よりよいコードに改善していく。その繰り返しの中で、着実にプログラミング能力の土台を築くことができました。

6

現在の業務、取り組み

保護リレー装置のユーザーインターフェース作成に携わっています。ユーザーインターフェースは利用者と装置とをつなぐ「顔」であるため、作成にあたっては緊張と不安の連続です。そしてまだまだ失敗の連続ですが、その度に未知の技術を学ぶことができるので、今後も失敗をおそれず挑戦していきたいです。

7

今後の目標は?

今はとにかく様々な業務にチャレンジし、たくさんの技術を吸収していきたいです。そしてその技術をまた業務に活用するという良い循環を作っていきたいです。また先輩方にそうして頂いたように、入社してくる後輩の、社会人として・技術者としての不安を少しでも取り除くことができるよう力になりたいです。

ページトップへ