Loading...

JCEの人材育成の一番の特長は、マンツーマンでの指導を取り入れている点だ。入社後3ヶ月の新人研修、その後のOJT研修ともに、一人の新人に対して一人の教育担当が付く。通常、たとえばIT系の会社で採用されている集合研修では、大勢に対して数人の講師という形式が多い。これだと、新人にとっては質問しにくい環境ができてしまう。しかしマンツーマン指導であれば、いつでも気軽に質問することができるため、自分の目指すペースで確実に技術を身につけることができる。

JCE流人材育成

  • 「ストレスのない独り立ち」

    JCEでは、新人は研修終了後に教育担当者が担当している案件にそのまま参画するため、いきなり独り立ちというものがない。研修後に業務に入ってもストレスなく仕事ができる。

  • 「責任を果たす」

    この仕事をやることで、誰にどんな影響があるのか。この仕事は自分にとって何をもたらすのか。作業内容を伝えるのではなく、仕事に対する意義を伝えることで責任感は醸成される。

  • 「JCEらしさを身につける」

    「仲の良さ・気軽に話せる間柄」がJCEらしさ。これは先輩が後輩の面倒を見るという社風をみんなが繋いでいるから。社長が積極的に社員と話そうとしてくれる姿勢も作用している。

  • 入社前からフォロー開始

    10月の内定者懇親会終了後、11月から3月まで月一で5回、入社前研修を開催。内容はC言語の研修、先輩社員をゲストに呼んで体験談、その後の懇親会など。技術研修の側面もあるが、先輩社員を通じて会社を知ってもらうことが主な目的。入社後3ヶ月は技術研修を実施し、プログラミング言語の学習、業務知識の学習を経て、OJT研修へと進んでもらう。

  • 技術向上委員会を設置

    JCEでは受験料全額会社負担で情報処理技術者試験を受けることができ、 合格の暁には報奨金も出るなど、社として資格取得を推進。また、社内の『技術向上委員』により、過去問のメール便配信や、勉強会の開催を行い、 資格取得率の向上に取り組んでいる。勉強会では社員が集まって勉強に取り組むことで、一人ではなかなか確保できない勉強時間とモチベーションを確保している。

  • 外部のビジネスセミナーにも参加

    社外セミナーにも積極的に参加。1年目は月一のペース。2年目以降は2~3ヶ月に1回のペース。異業種の方々と交流することで、自社やIT業界以外にも見識を広げ、考え方の幅を広げることが可能に。セミナー内容はビジネススキルの基礎から、管理職としてのマネジメント能力を育成するためのセミナーなど、新入社員向けから管理職向けまで多岐にわたっている。

  • リーダーの育成にも積極的

    JCEではリーダーというポジションになる前に、外部が主催する「中堅リーダー革新セミナー」に参加。異業種、他社のリーダーとの討議や情報交換を通して、自分の課題を発見し、セミナー終了後には発見した課題の解決に向けて具体的な実践を開始。リーダーとなった後も、社内のリーダー会議を通してさらにブラッシュアップし、スキルを高め続けている。

ページトップへ